目を見て話さない人の心理!男性と女性それぞれ徹底解説

目を見て話さない人の心理や性格をまとめました。

相手の目を見ない人の心理を見分けるには、そのときの表情が大切です。

目の動きは言葉以上によく語る、という言い伝えがあります。

目を合わせない・目を見て話さないということは会話する内容よりも沢山その人の心理状態を表しているのです。

特に目の動きは、自分もしくは相手に対して特定の感情が現れている証拠なのです。

例えば、後ろめたいがある・好きなのをバレたくない・好きになって欲しくない等が目を見て話さない人の心理に当てはまります。

このページではそんな目を見て話さない男性と女性の心理をすべて挙げてますので「この人、目を見て話さないな」と思ったら、当てはまる心理や特徴がないかチェックしてみてください。

後ろめたいことがある

目を見て話さない人の心理として、後ろめたいことがある心理が挙げられます。

後ろめたいことがある人は、仕事があると言って浮気した・嘘をついている自覚がない・目線が右上の方を向く・日常的に嘘を重ねてしまう・言動が一致しない・幻術の世界に半分入り込んでしまっている・精神のバランスを崩れている・不倫や浮気をしている・瞬きの回数が多い・目を見て会話をしない・目が笑っていない等、目を見て話さない人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、話をでっちあげたい・コンプレックスを人に知られたくない・もう自分自身でも真実の境界線が分からなくなっている・嘘に嘘を重ね過ぎて何が本当か分からなくなっている・出来ない自分を受け入れられない・現実から目を背けたい・不安感や罪悪感でいっぱいになっている・今が良ければそれで良い精神・劣等感を抱いている・経験した事がない事を想像している・関心を持たれたい等、目を見て話さない人ならではの心理があるのです。

ですが、後ろめたい事実を抱えているままでは、信頼されていれば得られるはずの多くの利益を得られない・自信満々でシラを切ってしまう・陰であることないこと悪口を言われてしまう・嫉妬しやすくなる・歪んだ思考が治らない・何かしても間違いを認めない等と、目を見て話さない本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。

逆に、後ろめたい事実を吐き出せれば、人によって態度を変えなくなる・嘘のお世辞を言わなくなる・公平さを大切に出来る・自分サイドの不備があった時に謝れる・法律に無い規則を守れる・本能に従わず自制心を持てる・店員や誰に対しても対応が変わらない等、目を見て話さない人にとってメリットがあるのです。

後ろめたいことがある本人の改善方法及び対策としては、後ろめたい事実を紙に全て書き出す・バレるリスクを考える・周囲の人間は見抜いていることに気付く・嘘による自己評価の上昇は無いことを知る・友人に打ち明ける等が、目を見て話さない癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、嘘をつく人だと認識する・どうして嘘をつくのか背景を理解する・自分は嘘をつく癖があるんだと自覚させる・改善させてどうさせたいか考えさせる・自分がどういった時に嘘をつくのかを認識させる等が、目を見て話さない人に対してベストです。

以上のように、あなたが後ろめたい事を抱えているばかりに目を見て話さない性格や癖を直したいのなら、身近な友人に後ろめたい事実を相談したりして心を軽くして、円滑な人間関係を築いて下さい。

怒っている

目を見て話さない人の心理として、怒っていることが挙げられます。

怒っている人は、「ウォッホン」と咳払いする・わりと顔に出やすい・自分の気持ちを口に出すのが得意ではない・イライラしている・無言で威圧的に攻める・小心者な性格・精神的に幼い・信用していない・嫉妬している・恨んでいる・威嚇している・嫌っている等、目を見て話さない人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、空気を読んでもらいたい・「今は違うでしょ」と言いたい・口で言わなくても気付いて欲しい・自分がおかしいことに気付いて欲しい等、目を見て話さない人ならではの心理があるのです。

ですが、怒りを鎮めない事には、他人を寄せ付けないオーラを出し続ける・他人を寄せ付けないオーラを出し続ける・逆効果になる・敵対視されていると誤解される・恐怖心を感じられてしまう・相手に不快感を与える・目つきが悪くなる・仲直りが難しくなる等と、目を見て話さない本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。

逆に、怒りを鎮められれば、お互いが楽しくなれる・ケンカを乗り越えて強い絆で結ばれる・エネルギー消費をせずにすむ・別れずに済む・醜い本性をさらけ出さずに済む等、目を見て話さない人にとってメリットがあるのです。

怒っている本人の改善方法及び対策としては、キチンと話し合う・第三者の視点を持つ・「なぜそう思ったの?」などの質問を繰り返して認識のズレを正す・感情が落ち着いてから注意する等が、目を見て話さない癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、まずは誤解を解くために話掛けてみる・キレるスイッチのリサーチ・感情に対して感情で言い返さない・相手が興奮していたらひたすら相槌を打つ・暴力沙汰になりそうなら止める・お互いの意見をまとめて今後の改善案を提示する・仲裁に入って最悪の事態を避けさせる等が、目を見て話さない人に対してベストです。

以上のように、あなたが怒っているばかりに目を見て話さない性格や癖を直したいのなら、「怒っている自分の表情」を鏡で確認して自分を「第三者の目」で見て、円滑な人間関係を築いて下さい。

負い目や罪悪感を感じている

目を見て話さない人の心理として、負い目や罪悪感を感じている心理が挙げられます。

負い目や罪悪感を感じている人は、取り返しがつかない後悔をした・正直者で嘘がつけない・気が小さい性格・後悔している・失望している・説教されている・悔やんでも取り返しがつかない事をした等、目を見て話さない人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、責任を取るべきだと思っている・予想外の出来事にがっかりしている・家族、先生、友人に対して本当に申し訳ない気持ちでいっぱい・力になれなかったことに罪悪感を覚えている・何かしらの責任を取ることで少しでも納得したい等、目を見て話さない人ならではの心理があるのです。

ですが、負い目や罪悪感を抱えたままでは、理由もなく申し訳ない気持ちになる・特に謝罪する必要がなくても「すみません」が口癖になる・恋愛に臆病になる・逆に相手に気を遣わせてしまう・必要のない負い目を自ら作り上げて苦しんでしまう等と、目を見て話さない本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。

逆に、負い目や罪悪感を解消出来れば、失敗しても自分でリカバリーする自信がつく・無駄に嫌われることを恐れなくなる・無駄に迷うことには時間を使わなくなる・下調べにばかりエネルギーを使わなくなる・目的や優先順位がハッキリする等、目を見て話さない人にとってメリットがあるのです。

負い目や罪悪感を感じている本人の改善方法及び対策としては、本当に負い目を感じる必要があるのか考えてみる・今日中に忘れてしまう・相手の立場になってみる・反省したら自分を許す・相手のためにできることをする・「相手は今ごろ、自分のことなんて考えてないよね」と気軽に考える等が、目を見て話さない癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、本当に負い目を感じる必要があるのか考えさせる・罪悪感を翌日まで持ち込ませないようにサポートする・相手はそれほど重大なこととしては捉えていない旨を伝えてあげる・手料理やマッサージで疲れを癒やしてあげる等が、目を見て話さない人に対してベストです。

以上のように、あなたが負い目や罪悪感を感じているばかりに、目を見て話さない性格や癖を直したいのなら、ジムでトレーニングをし、汗とともに罪悪感を洗い流してみて、円滑な人間関係を築いて下さい。

目を見て話さない男性特有の心理

目を見て話さない男性の心理として、クールを気取ってすかしていることが挙げられます。

クールを気取ってすかしている人は、みんなを違うことしてプライドを満たしている・照れる自分が許せない・出来るキャラをアピールしたい・プライドが高い・媚ない自分に酔っている・格好つけている等、目を見て話さない人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、知的でカッコいいイメージ付けたい・気取ってすましたい・無愛想にするという選択肢をチョイスしてみたかった・好きという片思いをバレたくない・見栄を張りたい等、目を見て話さない人ならではの心理があるのです。

ですが、すかしてしまう癖を直さない事には、つまらないと思われやすい・話していて楽しいとは思われない・ドライで冷たい印象を与える・嫌っていると勘違いされる等と、目を見て話さない本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。

逆に、すかしてしまう癖を克服出来れば、熱意を持って相手にエネルギーを伝えられる・良い意味で失敗を気にしなくなる・義理人情に厚くなる・自然や動物を愛せる等、目を見て話さない人にとってメリットがあるのです。

すかしている本人の改善方法及び対策としては、相手の弱みに付け込まない・見返りを求めず与えるだけで満足する・優しい気持ちに支えられた小さな行為の積み重ねが人生における新たな転機になると自覚する等が、目を見て話さない癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、「淋しいよね、気持ち分かるよ」と言ってあげる・「本当はすごく優しいって私が気付いてるよ」とからかってみる等が、目を見て話さない人に対してベストです。

以上のように、あなたがクールを気取ってすかしているばかりに、目を見て話さない性格や癖を直したいのなら、ちゃんと言葉で伝えないと人間関係が悪くなると自覚して、円滑な人間関係を築いて下さい。

目を見て話さない女性特有の心理

目を見て話さない女性の心理として、まだオチたと思って欲しくないことが挙げられます。

まだオチたと思って欲しくない人は、メンズの扱いに慣れていない・対面時とLINEでは別人・ツンの割合が大きい・自分から謝れない・自意識過剰ですぐ本気になる・いちいち反論してくる・「ちょっとは気を使いなさいよっ、このバカ男」が口癖等、目を見て話さない人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、メンズとのコミュニケーションの取り方がわからない・笑顔を見せるのが恥ずかしい・周りの目が気になり過ぎる・意地を張っている・相手を翻弄して主導権を握りたい等、目を見て話さない人ならではの心理があるのです。

ですが、素直になれない性格のままでは、好きなメンズと2人きりになるのを回避してしまう・内心では「素直になりたい」と思いながら真逆の表現をしてしまう・告白のチャンスを逃してしまう・本音をなかなか話せない・精神的に無理をするためストレスを溜めやすい等と、目を見て話さない本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。

逆に、素直になれない性格を改善出来れば、良い意味で相手を信じて疑わない・無駄な駆け引きをしなくなる・愛情深く優しくなれる・プレゼントを素直に喜べる・褒め言葉を素直に受け取れる等、目を見て話さない人にとってメリットがあるのです。

まだオチたと思って欲しくない本人の改善方法及び対策としては、損な行動をしていることに気づく・大切な人との関係を妨げるおそれがあることに気づく・自分自身に正直になる・自分の中の愛に触れる等が、目を見て話さない癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、相手が素直になれるまで自分が素直であり続ける・それほど周りは気にしていないことを悟らせる・相手を認め心を許す努力させる等が、目を見て話さない人に対してベストです。

以上のように、あなたがまだオチたと思って欲しくないばかりに、目を見て話さない性格や癖を直したいのなら、冗談が通じない彼氏には素直に甘えてあげて、円滑な人間関係を築いて下さい。