不良自慢する人の心理!昔悪かったアピールする男性を徹底解説

不良自慢する人の心理や性格を解説します。

不良自慢する人の心理を見分けるには、今の自分に自信がないのか、現状に不満を持っているのかを知ることが大切です。

過剰な不良自慢は、結果的に友人や恋人から憐憫の目で見られますし、過激過ぎる発言によって一緒にいる相手は気が滅入ってしまい最終的には必ず孤立します。

社会人として働くサラリーマンであれば尚更ですね。

そして、不良自慢するということは、自分もしくは世間に対して特定の感情が現れている証拠なのです。

例えば、過去の栄光が忘れられない・更生してて偉いと思ってほしい・自分を大きくみせたい等が、ヤンキー自慢する人の心理に当てはまります。

このページでは、ヤンキー自慢する男性と女性の心理をすべて挙げていますので「この人、なんでいつもヤンキー自慢するのかな?」と思ったら、当てはまる心理や特徴がないかチェックしてみてください。

今の自分に自信がない

ヤンキー自慢する人の心理として、今の自分に自信がない事が挙げられます。

今の自分に自信がない人は、いつも暗くてネガティブ・人見知りをしてしまい、友達が少ない・消極的ですぐに相手の意見に従う・他人と自分を比較しがち・心配性で常に不安・他人の目を気にし過ぎ等、不良自慢する人ならではの特徴があります。

さらにその裏には、失敗するのが怖く最悪の状況を先に考えている・他人から良い印象をもたれたい・周りに対する嫉妬心が強い・他人に嫌われることが怖い・他人と比較してしまい自分に自信がない等、不良自慢する人ではの心理や理由があります。

ですが、今の自分に自信がないままでは、新しいことにチャレンジできない・自分自身にストレスを感じてしまう・仕事に悪影響が出てくる・周りの人に悪い印象を与えてしまう・友達が離れていき少なくなる等と、不良自慢する人にとってマイナスとなります。

逆に、ちゃんと自信をつけられれば、小細工せず自分の本音を伝えられる・精神的な余裕が生まれる・毎日が幸せに感じる・自分の思い通りに行動できる・自分の思いに正直になれる・周りからの信頼される等、不良自慢する人にとってメリットがあります。

本人の対策としては、できることからやってみる・成功体験を思い浮かべながら行動する・他人と自分を比較しない・自分の長所や強みを伸ばしてスキルアップする・ボランティア精神を旺盛にする等が、不良自慢する人の今後の方針にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方は、プレッシャーを感じさせないために「失敗してもいいんだよ」と声をかける・その人につられて自分が自信のない人にならないよう気をつける・「ネガティブ思考は良くないよ」と注意する等が、不良自慢する人に効果的です。

現状に不満を持っている

ヤンキー自慢する人の心理として、現状に不満を持っている事が挙げられます。

現状に不満を持っている人は、常に愚痴をこぼしている・支配欲が強い・劣等感が強い・自己中心的で常にイライラしている・他人を見下しがち・態度が大きく高圧的・プライドが高い・周りに対して完璧を求め過ぎる等、不良自慢する人ならではの特徴があります。

さらにその裏には、欲求が満たされていない・イライラする人が周りにいる・几帳面でせっかちになっている・嫉妬心や独占欲が強くなっている・自分に余裕がなくなっている・他人より上に立ちたい等、不良自慢する人ならではの心理や理由があります。

ですが、現状に不満を持っていると、好き嫌いが激しくなり周りを振り回す・部屋が片付けられない・素直になれず後悔する・知ったかぶりを繰り返してウザがられる・食生活が乱れてしまう・完璧主義になってしまう等と、不良自慢する本人にマイナスとなります。

逆に、現状の不満を解消できれば、人間関係が良くなり充実した生活を送れる・心身共にリラックスした状態でいられる・建設的な会話ができて生産性が上がる・毎日が楽しくなる・必要な自己投資を怠らなくなる等、不良自慢する人にとってメリットがあります。

本人の対策としては、誰だって不満や不信感を感じていると認識する・不満を解決するための行動をしてみる・ポジティブに物事を捉えてみる・不満を抱く相手に対して本音で気持ちを伝える等が、不良自慢する人の今後の方針にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方は、話を聞いて不満を吐き出させてあげる・一緒に不満を解決できないか提案する・別の話題を振って、会話の話題をそらす・これ以上付き合えないと感じたらしばらく距離を置く等が、不良自慢する人に効果的です。

過去の栄光が忘れられない

ヤンキー自慢する人の心理として、過去の栄光が忘れられない事が挙げられます。

昔の栄光が忘れられない人は、嘘が多く普段から話を盛る・周りが見えず空気が読めない・ブランド品をたくさん身につけている・他人の評価ばかり気にする・負けず嫌い・コンプレックスが強い・自信あり気な話をする等、不良自慢する人の特徴があります。

さらにその裏には、周囲から注目を浴びたい・自分を大きく見せることで他人から評価してもらいたい・今の自分に自信がなく不安を感じている・かまってもらいたい・常に会話の中心でいたい等、不良自慢する人ではの心理や理由があります。

ですが、過去の栄光が忘れられないままでは、周りからの信頼を失ってしまう・友達や彼女から嫌われてしまう・過去の自分に縛られてしまい今に目を向けられない・周りからつまらない人だと思われてしまう等と、不良自慢する人にとってマイナスとなります。

逆に、未来志向に切り替えれば、過去に捉われず今をひたむきに努力できる・嫌な事も無駄に引きずらない・活動的でアクティブになれる・良い意味で楽観的な性格になれる・未来を見つめた妄想することが好きになる等、不良自慢する人にメリットがあります。

本人の対策としては、現在を充実させる・待ち受けている未来を詳細までイメージする・鮮明な未来のビジョンを持つ・未来について考える時間を作る・同じく未来志向を持った人と手を組む・常に情報を仕入れて分析する等が、不良自慢する癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方は、「無駄に失敗を恐れないで」「必要以上に悩まないで」「過去は振り返っちゃダメゼッタイ」「人に過度な期待をしないで」「最初から見返りを期待してはダメよ」とアドバイスする等が、不良自慢する人に効果的です。

更生してて偉いと思ってほしい

ヤンキー自慢する人の心理として、更生してて偉いと思ってほしい事が挙げられます。

更生してて偉いと思ってほしい人は、他人を見下す・自分は偉いと勘違いしている・他人の言う事は聞かない・自分の話ばかりで相手の話を聞かない・いつもマシンガントーク・モテアピールを頻繁にする等、不良自慢する人ならではの特徴があります。

さらにその裏には、自意識過剰になっている・自分中心でまわりが見えていない・自分はイケイケだと勘違いしている・無理に自分を演じている・自分を過大評価している・自分の思い込みで物事を進めたい等、不良自慢する人ならではの心理や理由があります。

ですが、更生したと勘違いを気取っているままでは、自分を客観的に見れなくなる・いつも同じ失敗を繰り返してしまう・何事も決めつけて行動してしまう・つい物に当たってしまう・怒りだけでなく不安に襲われる等と、不良自慢する本人にマイナスとなります。

逆に、弱い自分を素直に受け入れれば、忍耐力や集中力がつく・最初の一歩を踏み出す勇気がつく・理想はあくまでも理想だと分かる・自分と他人は違うと理解できる・現実逃避をせずシビアに現状を把握できる等、不良自慢する人にメリットがあります。

本人の対策としては、もう少し自分の視野を広げる意識をする・「失敗ではない、うまくいかない方法を発見したのだ」を口癖にする・完璧でない自分を受け入れる・どんなに望んでも誰かにはなれないと悟る等が、不良自慢する癖の改善にベストです。

友人の最善な接し方は、「親しい人すべてが味方だとは限らないよ」「挑戦にエラーや失敗はつきものだよ」「日頃の努力と考え方次第で改善できるよ」「軽い気持ちで考えていると思わぬしっぺ返しがくるよ」とアドバイスする等が、不良自慢する人に効果的です。

自分を大きくみせたい

ヤンキー自慢する人の心理として、自分を大きくみせたい事が挙げられます。

自分を大きくみせたい人は、子供のころの夢が「お姫様」or「ヒーロー」・普段から大口を叩くのが癖・大袈裟な話や嘘を日常的に行う・職業や学歴、人脈など「ステータス」にやたら執着している等、不良自慢する人ならではの特徴があります。

さらにその裏には、等身大の自分を受け入れたくない・弱い自分を実は愛している・虚栄を張ることで誰かが助けてくれると勘違いしている・プライドが高く弱い自分を認めたくない・表面上だけの栄誉でも欲しい等、不良自慢する人の心理や理由があります。

ですが、虚栄心が強いままでは、「人として未熟過ぎるよ」と嫌味を言われる・危機意識に欠けてしまう・トラブルに巻き込まれる・仕事やお金を失って初めて正気に戻る・どんどん周りから信用を失っていく等と、不良自慢する本人にマイナスとなります。

逆に、素直な自分で勝負できれば、些細な事もみんなと一緒に喜べる・自然体でいられる恋ができる・行動やセリフ全てにおいて信頼される・「ありがとう」「ごめんね」が素直に言える・言葉遣いが丁寧になる等、不良自慢する人にメリットがあります。

本人の対策としては、「不器用でもいいじゃない」を口癖にする・無駄な駆け引きをしない・シンプルな服装で程良くオシャレを目指す・回りくどい感情表現はやめてストレートに物申す・正直な気持ちを伝えてみる等が、不良自慢する癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方は、「裏表のないあなたが好きよ」「自分だけの人生の主人公になって生きてみようよ」「自分自身を見つめる時間を作ってみたら?」「面倒な駆け引きはやめて」とアドバイスする等が、不良自慢する人に効果的です。

とにかくカッコつけたい

ヤンキー自慢する人の心理として、とにかくカッコつけたい事が挙げられます。

とにかくカッコつけたい人は、中身が空っぽな性格・俺様ナルシシスト気取り・「俺流だから」「ちょっ待てよ」が口癖・過去を自慢する・口だけで行動しない・どこかで聞いた言葉を連呼する等、不良自慢する人の特徴があります。

さらにその裏には、心の底から「俺ってカッコいい」と思っている・流行に流されるのが好き・セクシーさやワイルドさを女性にアピールしたい・常に美意識を優先している・意識高い系男子を意識している等、不良自慢する人ならではの心理や理由があります。

ですが、カッコつけマンなままでは、片手で運転でバック駐車して失敗する・腰パンなど一昔前の格好をしてしまう・「いつの時代の流行り?」と突っ込まれる・自分の意見を主張して相手を打ち負かしてしまう等と、不良自慢する本人にマイナスとなります。

逆に、カッコつけマンな生き方をコントロールできれば、老若男女問わず親切になれる・女性に奢っても見返りを求めなくなる・女性にとって理想の優しい彼氏になれる・女性に対して無理強いをしなくなる(体の関係など)等、不良自慢する人にメリットがあります。

本人の対策としては、「長所も短所も全部ひっくるめてこれが今の自分なんだ」と言ってみる・ありのままの自分を肯定してあげる等が、不良自慢する癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方は、「レストランで指を鳴らしてスタッフを呼ばないで」「劣等感や優越感の丸出しからは脱却して」と叱る等が、不良自慢する人に効果的です。