唇を舐める癖がある人の心理!男性と女性で心理の差はない

唇を舐める癖がある人の心理をまとめました。

唇を舐めるなどをしている人は普段の生活で意外とよく見かけますよね。一種の癖のようなものなのでしょうか?

この記事では、唇を舐める人の心理について追求します。

例えば、動揺している・言いたいことを言えずにいる・不安や緊張を感じている等の、感情が舌を出す人の心理に当てはまります。

このページではそんな唇を舐める人の心理をすべて挙げてますので、唇を舐める人を見かけた際は、当てはまる特徴があるかチェックしてみてください。

言いたいことを言えずにいる

唇を舐める癖がある人の心理として、言いたいことを言えずにいる心理が挙げられます。

言いたいことが言えない人は、悩み事の解決策が見つからない・歯を食いしばってる・自分の欲求を通したい気持ちが強い・ストレスを受け流すことが苦手な性格・嫌な事からいつも目を背ける等、唇を舐める人ならではの特徴や原因があるのです。

さらにその裏には、感情を押さえ込んでいる・KYになるのがイヤ・「出る杭は打たれる」という事を知っている・納得できていない・何か発言して周りの人から注目を浴びることを恐れている等、唇を舐める人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、言いたいことが言えないままでは、自分が犠牲になることや損することが多い・周りから利用されやすい・同じ我慢を後輩や部下や子供に強いるようになる・自分で選択したり決めたりできなくなる等と、唇を舐める本人にとってマイナスな結果となります。

逆に、言いたいことが言えない性格を克服出来れば、リーダーシップがつく・成功体験が増えて自信が湧く・未体験の分野でも結果が予測出来る・勝負するべき場を見極められる・余計なプレッシャーから解放される等、唇を舐める人にとってメリットがあるのです。

の改善方法及び対策としては、同僚へ「おはよう」と言う・日々ステップバイステップで行動する・途中で諦めない・優越感や劣等感に左右されない・コミュニケーション能力をつける等が、唇を舐める人の今後の方針としてベストです。

あなたの最善な接し方としては、こちらから「どうしたの?」と言ってあげる・いつも無理させているのだと察してあげる・イライラして怒鳴ったりしない等が、唇を舐める人に対して効果的です。

寂しい気持ちを察して欲しい

唇を舐める癖がある人の心理として、寂しい気持ちを察して欲しい事が挙げられます。

寂しい気持ちを察して欲しい人は、言わなくても分かることが愛情と考える・思い込みが強い・他人の時間を使うことに無頓着・謎のサインを発して相手にアピールする・骨の髄まで「他人任せ」が染み付いてる等、唇を舐める人ならではの特徴や原因があるのです。

さらにその裏には、愛されている実感が欲しい・自分で自分の願望を分かっていない・人に何かを伝える言葉を知らない・自分の気持ちに気付いて欲しい・霧がかかったモヤモヤのような気持ちがある等、唇を舐める人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、察っしてちゃんとままでは、コミュニケーションを放棄してしまう・「言わなくてもわかるでしょ」を連呼してしまう・「私のこと全然わかってない」と突然怒り出してしまう・怒った時に黙り込んでしまう等と、唇を舐める本人にとってマイナスとなります。

逆に、寂しい気持ちをちゃんと伝えられれば、相手に過剰な期待をしなくなる・自分の要求をちゃんと口に出来る・嫌味を言ったり怒ったり拗ねたりしなくなる・相手を試す態度を取らなくなる等、唇を舐める人にとってメリットがあるのです。

寂しい気持ちを察して欲しい本人の改善方法及び対策としては、自分の考えは言葉にしない限り相手に伝わる訳ないと心得る・伝わらなかったときは自己分析する・とにかく言葉にしてみる等が、唇を舐める人の今後の方針としてベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、はっきりNOを突きつける・「どうして欲しいのか?」と要望を具体的に聞き出す・鈍感なフリをして察してあげない・甘えても無駄な相手だと認識させる等が、唇を舐める人に対して効果的です。

動揺している

唇を舐める癖がある人の心理として、動揺していることが挙げられます。

動揺している人は、瞳が左右に激しく揺れ動く・ヤマシイことをしている・鋭い指摘を受けた・嘘が危うくバレそうになった・不倫や浮気をしている等、唇を舐める癖がある人ならではの特徴や原因があるのです。

さらにその裏には、動揺を隠したい・根本的なところでは劣等感が強い・今が良ければそれで良い・嘘に嘘を重ね過ぎて何が本当か分からなくなっている・現実から目を背けたい・話をでっちあげたい等、唇を舐める人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、ヤマシイ事を抱えているままでは、冷静に答えを求めても的確な回答は返ってこない・出まかせをやいい加減な回答をしてしまう・取り返しのつかないレベルで信頼を失う・歪んだ思考が治らない等と、唇を舐める本人にとってマイナスな結果となります。

逆に、誠実に生きる事が出来れば、人によって態度を変えない・嘘のお世辞を言わない・公平さを大切に出来る・自分サイドの不備があった時に謝れる・法律に無い規則を守れる等、唇を舐める癖がある人にとってメリットがあるのです。

本人の改善方法及び対策としては、自分は嘘をつく癖があるのだと自覚する・本心を話せそうな人に本心を話してみる・自分がどういった時に嘘をつくのか理解する・ウソのメリットは一瞬しかないと心得る等が、唇を舐める人の今後の方針としてベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、相手を質問責めにしないで様子を見る・嘘っぽいなと思っても否定しない・プライドを刺激しない・嘘つきな人の自意識に触れないようにする等が、唇を舐める人に対して効果的です。

不安や緊張を感じている

唇を舐める癖がある人の心理として、不安や緊張を感じていることが挙げられます。

不安や緊張を感じている人は、気まずい雰囲気にいる・落ち着きがない・瞬きが多く目をパチパチさせている・神経や精神状態が高ぶっている・好きな人と話している・焦っている等、唇を舐める癖がある人ならではの特徴や原因があるのです。

さらにその裏には、後ろめたい気持ちがある・隠し事をしている・「緊張してはいけない」と思い込み過ぎている・沈黙に不安を感じている・不安を抑えたい・怖がっている等、唇を舐める癖がある人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、不安や緊張がある性格を直さない事には、笑顔が引きつってしまう・空気を読み過ぎて自分を押し殺してしまう・心の底から笑えない・ハッキリ物事を伝えられない・不安に思う規模が拡大していく等と、唇を舐める本人にとってマイナスとなります。

逆に、不安や緊張がある性格を克服出来れば、落ち着いた雰囲気を醸し出せる・会うとホッとする人になれる・リラックス出来る・実力を存分に発揮出来る・モチベーションが上がる・イライラしなくなる等、唇を舐める人にとってメリットがあるのです。

本人の改善方法及び対策としては、常に要点をまとめておく・目を閉じてゆったりと深い呼吸をする・前向きな言葉を自分に言い聞かせる・動物と触れ合う・音楽と一体になる等が、唇を舐める癖がある人の今後の方針としてベストです。

ちなみに、友人や恋人さんの最善な接し方としては、安心感を与えてあげる・緊張がほぐれるようなジョークを言う・共感をしめす・焦らずにゆっくり見守る・気楽な会話で和ませる等が、唇を舐める癖がある人への最善な対処法です。

唇を舐める癖がある男性特有の心理

唇を舐める癖がある男性の心理として、緊張している事が挙げられます。

緊張している男性は、心に余裕が無い・完璧主義な性格・自分にプレッシャーを与えがちな性格・計画性がなく後先考えずに行動している・主観的になり客観的に物事を見られない・準備が足りない性格等、唇を舐める癖がある男性ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、目上の人や気になる異性と話している・「失敗したらどうしよう」と考えてる・頭が真っ白になっている・「緊張してはいけない」と思い込み過ぎている等、唇を舐める男性ならではの心理や理由があるのです。

ですが、緊張しているままでは、相手の変化や本音に気付けない・実力通りの評価や成績を得られない・落ち着いて振舞えない・言葉が出なくなる・思うように実力を発揮できない等と、唇を舐める男性にとってマイナスとなります。

逆に、緊張を緩和出来れば、話し方がゆっくりになる・落ち着いた雰囲気を醸し出せる・追い詰められた状況でも自分を客観視でき冷静でいられる・パニックになることが減る等、唇を舐める癖がある男性にとってメリットがあるのです。

本人の改善方法及び対策としては、とくかく場数を踏んでみる・常に要点をまとめておく・本来の目的をしっかりと掴んでおく・気が済むまで追い込む・緊張している今の瞬間を楽しむ等が、唇を舐める癖がある男性の今後の方針としてベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、緊張がほぐれるようなジョークを言う・相手を評価せず受け止める姿勢で接する・自分自身が緊張せずリラックスした状態でいる・温かいカフェオレを差し入れする等が、唇を舐める癖がある男性への最善な対処法です。

唇を舐める癖がある女性特有の心理

唇を舐める癖がある女性の心理として、恐怖を感じている事が挙げられます。

恐怖を感じている人は、噂話を信じ込みやすい・ガツガツと一方的に来られたらその勢いに圧倒される・観察力が鋭く少し気が弱い・人生の中で成功体験が少ない・自称怖がり等、唇を舐める女性ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、内面は逃げ出したい気持ちでいっぱい・自分の気持ちを押し殺している・争いやトラブルになることを恐れている・自分とは真逆の声が大きい人は恐怖を感じている等、唇を舐める癖がある女性ならではの心理や理由があるのです。

ですが、恐怖を感じているままでは、自分の主観だけで相手の考えを決め付けてしまう・自分を正当化させ自己保身に走ってしまう・視線を合わせられずキョロキョロと落ち着かない等と、唇を舐める女性にとってマイナスとなります。

逆に、恐怖を克服出来れば、本当かどうか分からない不安な予測や被害妄想をしなくなる・成功体験が増えて自信が湧く・未体験の分野でも結果が予測出来る・勝負するべき場を見極められる等、唇を舐める癖がある女性にとってメリットがあるのです。

本人の改善方法及び対策としては、「臆病者でもいいじゃない」と個性の一貫として開き直る・意識して背筋を伸ばす・自分で考えて行動する習慣を持つ・自分の長所を見つける等が、唇を舐める女性の今後の方針としてベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、「どうしたの?なにかあったの?話してごらん」と言いながら背中をさする・他人に優劣をつける癖をやめさせる・目線を先にそらした方が負けゲームをする等が、唇を舐める女性への最善な対処法です。