戦争映画が好きな人の心理!男性と女性の性格を徹底解説

戦争映画が好きな人の心理や性格を解説します。

戦争映画が好きな人の心理や性格を見分けるには、歴史を知るのが好きのか、刺激が欲しいのかを知ることが大切です。

選ぶ映画は、本人の精神状態を雄弁に語っており、その人の性格・生き方・深層心理を表しているのです。

そして、戦争映画を選ぶということは、自分もしくは世間に対して特定の感情が現れている証拠なのです。

例えば、日頃からの鬱憤を晴らしたい・闘争心が強くなってる・当時の人の見た風景や息づかいを感じたい等が、戦争映画が好きな人の心理に当てはまります。

このページでは、そんな戦争映画が好きな男性と女性の心理をすべて挙げてますので「この人、何で戦争映画が好きなのかな」と思ったら、当てはまる心理や特徴がないかチェックしてみてください。

歴史を知るのが好き

戦争映画が好きな人の心理として、歴史を知るのが好きな事が挙げられます。

歴史を知るのが好きな人は、歴史上の不運や不遇な人物に惹かれる・ゆかりの地を旅するのが大好き・歴史に関する知識は「狭く深く」・歴史上のグッズやキャラをコレクションする・歴史全般に興味はない等、戦争映画が好きな人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、歴史上の人物に対して「恋心」を抱いている・時代の様相や事件よりも「人物本位」で歴史を見たい・思春期で自分にない力に憧れている・古代人の見た風景や息づかいを感じたい等、戦争映画が好きな人ならではの心理や理由があるのです。

そして、歴史に詳しくなると、教養がある人と思われる・他人を説得する際の説得材料となる・過去の出来事から解決方法を学べる・歴史から「生きた」感情を学べる・未来を予想できる等、戦争映画が好きな人特有のメリットがあるのです。

あなたも戦争映画が好きな人のように、歴史に詳しくなりたいのなら、歴史巡り旅行とセットして非日常感を味う・日本の歴史漫画を読む・大河ドラマを見る・誰か一人の戦国武将を好きになる・休日は友人とお城めぐりをする等を心掛けるのがベストです。

ただし、歴史にハマり過ぎると、過去に縛られて未来への希望がなくなる・現在に対して盲目となる・興味を持たないとただの暗記になって面白くない等があるので、戦争映画が好きな人は要注意です。

友人や恋人さんの最善な接し方は、昔の風情も季節も感じられる鎌倉に一緒に行く・青森県の三内丸山遺跡に一緒に行く・奈良県の東大寺に一緒に行く・大阪城パークセンターに一緒に行く等が、戦争映画が好きな人に対して効果的です。

刺激が欲しい

戦争映画が好きな人の心理として、刺激が欲しい事が挙げられます。

刺激が欲しい人は、戦争ゲームが好き・サバゲーが趣味・戦闘機や戦車が好き・軍事オタク・戦争映画に魅了されている・常に考えて動く・1日1日を大切に過ごしている等、戦争映画が好きな人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、過去世の記憶が蘇っている・前世で戦争が生活の一部になっていた・同じ毎日の中でも刺激を加わえたい・日常生活に強い不満がある・どんどん進化している時代に危機感を持っている等、戦争映画が好きな人ならではの心理や理由があるのです。

そして、刺激を求めると、自然とやる気に満ち溢れる・失敗から学んで成功に近づける・分析能力が高くなる・劣等感を成長に活かせる・自己実現に向けて努力できる・失敗や恥を恐れず前に進める等、戦争映画が好きな人特有のメリットがあるのです。

あなたも戦争映画が好きな人のように、刺激が欲しいのなら、仕事を変えてみる・恋をしてみる・旅に出てみる・色んな本を読んでみる・立場が違う人と話す・習い事をしてみる・ファッションやメイクを変える(女)等を心掛けるのがベストです。

ただし、刺激を求め過ぎると、恋人が一緒にいて疲れてしまう・何事にも飽き性になってしまう・一度何かを始めてもすぐにやめてしまいがちになる・ドライな性格になって冷たい人と思われる等があるので、戦争映画が好きな人は要注意です。

友人や恋人さんの最善な接し方は、映画「ライフ・イズ・ビューティフル」「ヒトラーの忘れもの」「シンドラーのリスト」「大脱走」「プライベート・ライアン」「西部戦線異状なし」を一緒に見る等が、戦争映画が好きな人に対して効果的です。

日頃からの鬱憤を晴らしたい

戦争映画が好きな人の心理として、日頃からの鬱憤を晴らしたい事が挙げられます。

日頃からの鬱憤を晴らしたい人は、「オン」「オフ」の切り替えができない・休日も「完全オフ」になれない・ネガティブな独り言やため息が多い・食欲が湧いてこない・自己評価が高く競争心が強い性格等、戦争映画が好きな人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、情緒不安定でイライラしている・常に相手の事ばかり考えている・自己評価が低く自分に自信がない・他人に過度に期待している・将来に不安を感じている等、戦争映画が好きな人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、日頃からの鬱憤を抱えたままでは、休日に友達や家族と遊びに行っても心底「楽しい」と思えない・発言の内容がすべてネガティブになる・何を食べても美味しく感じられない等と、戦争映画が好きな本人にとってマイナスとなります。

逆に、日頃からの鬱憤を解消出来れば、友達が増えたり恋人ができる・気分転換が上手になる・没頭できる趣味や楽しみができる・行き詰った時に協力者を求められる・人の長所を見る余裕ができる等、戦争映画が好きな人にとってメリットがあるのです。

本人の対策としては、モヤモヤした感情を放置せずに人に話したり紙に書き出す・好きな音楽やその時の感情に合った音楽を聴く・好きな物を積極的に食べる・歌ったり大声を出す等が、戦争映画が好きな人の今後の方針としてベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方は、相手と同じ土俵に立たない・自分のペースよりも相手のペースに合わせてあげる・無責任なアドバイスをする・「あなたの話を聞いていますよ」という態度を示す等が、戦争映画が好きな人に対して効果的です。

闘争心が強くなってる

戦争映画が好きな人の心理として、闘争心が強くなってる事が挙げられます。

闘争心が強くなってる人は、気性が荒い・内面がしっかりしていて気が強い・野心がある・向上心がある・喧嘩に強くて喧嘩っ早い・勝ち負けにこだわる・意地っ張りである等、戦争映画が好きな人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、何か大きな事を虎視眈々と狙っている・誰かの下で一生いたくない・理不尽な怒りや態度を受けた・自分がトップに立ちたい等、戦争映画が好きな人ならではの心理や理由があるのです。

そして、闘争心が強いと、より高みを目指そうと考えられる・テンションが高くなる・向上心が湧いてくる・「やった分だけ認めてもらえる」という体験と快感を味わえる等、戦争映画が好きな人特有のメリットがあるのです。

あなたも戦争映画が好きな人のように、闘争心が強くなりたいのなら、「こんな事に自分は負けない」「今に見ていろ」を口癖にする・達成できた時の快感を知る・ライバルを見つける・自分に負荷をかけて行動し続ける等を心掛けるのがベストです。

ただし、闘争心が強過ぎると、人から話しかけられても「喧嘩を売ってんのか?」と怒鳴ってしまう・自分の意欲と周囲の気持ちが噛み合わなくなる・周囲との軋轢を生む・闘争心が仇となり周囲と足並みが乱れる等があるので、戦争映画が好きな人は要注意です。

友人や恋人さんの最善な接し方は、相手の存在や価値を認めてあげる・「頼られている」という満足感を与えてあげる・同じ舞台に立たず負けてあげる等が、戦争映画が好きな人に対して効果的です。