鎖骨を触る癖がある人の心理!男性と女性の性格を徹底解説

鎖骨を触る癖がある人の心理や性格を解説します。

鎖骨を触る相手の心理を見分けるには、その人が寂しい気持ちなのか、不安を緊張を感じているのかを確認することが大切です。

首元に触れる仕草は言葉以上によく語る、という言い伝えがあります。

会話中に手を動かして鎖骨や首元を触る人は、会話する内容よりも数多くの心理状態があるのです。

特に、鎖骨を触るということは、自分もしくは相手に対して特定の感情が現れている証拠なのです。

例えば、寂しい気持ちを落ち着かせたい・一匹狼を気取りたい・不安や緊張を感じている等が、鎖骨を触る人の心理に当てはまります。

このページでは、鎖骨を触る男性と女性の心理をすべて挙げていますので、「この人、やたら鎖骨を触るな」と思ったら、当てはまる心理や特徴がないかチェックしてみてください。

一匹狼を気取りたい

鎖骨を触る癖がある人の心理として、一匹狼を気取りたい心理が挙げられます。

一匹狼を気取りたい人は、自立心が強く自信がある・集団行動が苦手・相手との距離を取ろうとする・自分のペースを乱されたくない・一人で行動するのが好き・自分のテリトリーに入ってこられることを嫌う・人と関わることが嫌い・人や流行に左右されない等、鎖骨を触る人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、一匹狼である自分が好き・相当仲良くならないと自分の近くに人を近づけたくない・他者から自分を守ろうとするバリアを張りたい・自分の生き様が格好良いと思っている・こだわりが強くプライドが高い・閉じた世界の中で自分が正しいと考えている等、鎖骨を触る人ならではの心理があるのです。

ですが、一匹狼を気取ってしまう性格のままでは、誰のせいにも出来ない・悩みを相談する相手が見つからず悩みを増幅させてしまう・自分を卑下し過ぎる・自分のような者が人と関わるのは申し訳ないという思いになる・避けられていると感じられてしまう・人嫌いであると同時に自分のことも嫌いになってしまう・上司に媚びへつらい部下には不遜な態度をとる等と、鎖骨を触る本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。

逆に、一匹狼を気取ってしまう性格を克服出来れば、人に合わせることを嫌わなくなる・初対面の取引先でも自分を乱さない・ビジネスとプライベートを使い分けられる・誰とも話せる社交的な性格になる・ポジティブで明るくなる・集団に早く馴染める等、鎖骨を触る人にとってメリットがあるのです。

一匹狼を気取りたい本人の改善方法及び対策としては、まず自分を好きになる努力をする・好きになれる人を探す・人間関係の選択肢を広げる・人を個人単位で見るようにする・嫌いな人の嫌いな部分について考えてみる・無理に人は好きになろうと考えない・アンテナを広げて知識や言葉と出会う・怖がらず素直になる・常識や形式に囚われない等が、鎖骨を触る癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、ライバル視されているなら愛情を持って接する・嫉妬されているなら謙虚を心がける・恐れられているなら笑顔で接する等が、鎖骨を触る人に対してベストです。

以上のように、あなたが一匹狼を気取りたいばかりに鎖骨を触る性格や癖を直したいのなら、いくら一匹狼を気取ってを気取っても会社や学校で人と対話が必須になると自覚して、円滑な人間関係を築いて下さい。

鎖骨を触る癖がある男性特有の心理

鎖骨を触る癖があるメンズの心理として、寂しい気持ちを落ち着かせたいことが挙げられます。

寂しい気持ちを落ち着かせたい人は、セルフタッチの練習をしている・精神的に自立できていない・失恋、死別、離婚した直後にある人・母子家庭やワーキングママの子供・ペットを亡くした直後の飼い主・両親共働きで一人っ子・ズバリ人恋しさからやたらと連絡を取りたがる・普段からネットに依存している・コミュニケーションが下手・こちらが相手にしなければすぐ拗ねる等、鎖骨を触る人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、一時的に寂しさを解消したい・既読スルーしないで欲しい・クリスマスに一人でいたくない・休日が退屈過ぎて辛い・人間関係や仕事がうまくいかない・LINEの既読スルーを人格否定と受け取ってしまう・誰かといても孤独が消えない等、鎖骨を触る人ならではの心理があるのです。

ですが、寂しさを解消しない事には、かまってもらおうとして虚言が多くなる・ストーカーだと勘違いされる・悲劇の主人公を演じてしまう・ウザいと思われて距離を置かれたりフェードアウトされる等と、鎖骨を触る本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。

逆に、寂しい気持ちを克服出来れば、包容力に溢れる・恋愛相手に依存しなくなる・一人の時は自分の時間として満喫できる・会うとホッとする人になれる・見返りを求めなくなる等、鎖骨を触る人にとってメリットがあるのです。

寂しい気持ちを落ち着かせたい本人の改善方法及び対策としては、自分で自分を愛してあげる・前向きな言葉を自分に言い聞かせる・人からの愛情を受け取る経験をする・他人の幸せを願う・人に対して親身になる等が、鎖骨を触る癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、マメに連絡をして安心させる・うまくあやしてコントロールする・息子や弟のように接する・「お疲れ様、あまり無理しないでね」と声をかけてあげる等が、鎖骨を触る人に対してベストです。

以上のように、あなたが寂しい気持ちを落ち着かせたいばかりに、鎖骨を触る癖を直したいのなら、相手に本音を話す勇気を持ち、日頃から沢山コミュニケーションを取る習慣をつけて、円滑な人間関係を築いて下さい。

鎖骨を触る癖がある女性特有の心理

鎖骨を触る癖があるレディーの心理として、不安や緊張を感じている心理が挙げられます。

不安や緊張を感じている人は、心配症な性格・睡眠がとれていない・パーフェクト主義・楽観的になれない・過去にトラウマがある・結果を求めすぎる等、鎖骨を触る人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、失敗するのではないかとマイナスに考えてしまいがち・無理な理想を描いてしまう・精神的な荷物が多い・「~かもしれない」と悪い方向へ考えがち・自らを客観的に見られない等、鎖骨を触る人ならではの特徴があるのです。

ですが、不安や緊張を解消しない事には、人付き合いが上手くない自分を卑下してしまう・学生時代の友人と比較して落ち込んでしまう・不要なプレッシャーやストレスを抱え込む・「いいなあ、羨ましいな」と言う気持ちを引きずり続ける・人の悪口が趣味になってしまう等と、鎖骨を触る本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。

逆に、不安や緊張を解消出来れば、ポジティブな人になれる・誰かと比較し過ぎなくなる・いつも笑顔でいられる・リラックスできる環境作りが出来る・自分の実力を出し切れる等、鎖骨を触る人にとってメリットがあるのです。

不安や緊張を感じている本人の改善方法及び対策としては、自分の感覚の解放をする・深い呼吸でカラダに溜まった悪い気を吐き出す・心地よい香りと共にココロのリラックス時間を作る・酸味のものを積極的に取る等が、鎖骨を触る癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、相手をウェルカムしている笑顔で接する・相手の方が気軽に話せる質問を準備やストックしておく・温かいミルクを買ってあげる等が、鎖骨を触る人に対してベストです。

以上のように、不安や緊張を感じているばかりに、鎖骨を触る癖を直したいのなら、改善方法を元に、深い呼吸でカラダに溜まった悪い気を吐き出してみて、円滑な人間関係を築けるようになって下さい。