声が大きい人の心理!男性と女性それぞれ徹底解説

声が大きい人の心理や性格を解説します。

声の大きさは心理状態を表す、という言い伝えがあります。声の大きさは会話する内容よりも、数多くの心理状態を表しているのです。

特に大きい声の人は、自分に対して特定の感情が表れている証拠なのです。

例えば、承認欲求が強い・話している相手を下に見ている・空気を読みたくない等が、大きな声で話す人の心理に当てはまります。

このページではそんな声が大きい男性と女性の心理をすべて挙げてますので「この人、いつも声が大きくて嫌いだな」と思ったら、当てはまる心理や特徴がないかチェックしてみてください。

威嚇したい

声が大きくてうるさい人の心理として、威嚇している事が挙げられます。

威嚇している人は、への字口になっている・反感を感じて睨んでいる・深い心の闇が人格を支配している・頬を膨らませる・頻繁に煽り運転する・精神的に幼い・職場で睨んでくる・目が合うだけでゾクゾクッとする怖さがある・近づけばサッと離れて行ってしまう・恨んでいる・邪悪な闇が心を埋め尽くしている・上から下まで睨む・他者を萎縮させるばかりでよく思われることが少ない等、声が大きい人ならではの特徴や原因があるのです。

さらにその裏には、プレッシャーを与えてやりたい・相手を萎縮させてやりたい・自分の思い通りにならないことが許せない・自分の感情がコントロール出来ない・自分より立場が弱い人を威圧してストレス発散したい・自分にヘコヘコ媚びないのが腹立つ等、声が大きい人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、威嚇してしまう癖を直さない事には、人の悪口を沢山言ってしまう・幸せが訪れず前に進めない・自分のミスでも他人を責めてしまう・自分も相手も絶対に許さない・思い込みが激しくなる・優秀な部下から言い返されるとショックで急に弱々しくなる等と、声が大きい本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。

逆に、威嚇癖を改善できれば、恩返ししてもらえる・許すことで長生き出来る・前に進めて成長出来る・人間力を格段に高められる・恩着せがましくしならず見返りを求めない親切心を持てる等、声が大きい人にとってメリットがあるのです。

威嚇している本人の改善方法及び対策としては、許せない事による損を知る・許してあげる事は精神的にも良いと知る・許すことでストレス解消になると知る・恨みや復讐そのものを昇華する・好きなことに没頭する等が、声が大きてウザくなる癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、人を許す「得」を教えてあげる・ニコっと笑みを浮かべる・「なんか視線を感じたよ」など軽く言ってあげる・相手の気持ちを知ろうとする・味方を作る・オドオドした態度を取らない・素晴らしい人生にならないと教えてあげる等が、声が大きい人に対して効果的です。

自分を認めてもらいたい

声が大きくてうるさい人の心理として、自分を認めてもらいたい心理が挙げられます。

自分を認めてもらいたい人は、人気者キャラではない・プライドが無断に高い・本当は自分に自信がなくて傷つきやすい・親切をしているようで見返りしか求めていない・目立ちたがり屋・人を値踏みする・1番になったことがない・過去の栄光にしがみつく等、声が大きい人ならではの特徴や原因があるのです。

さらにその裏には、誰かから認められたい・誰かに承認を求めて安心をしようと考えてる・実績を積んでいなくても自分は出来るという思い込みをする・ついつい人気者と自分を比較して辛くなってしまう・誰かと一緒にいないと不安等、声が大きい人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、承認欲求が強すぎるままでは、他人の目ばかりを気にするようになる・「こんなに頑張っているのに誰も感謝してくれない」という不満が出る・唯一自分のことを認めてくれる存在を見つけると離れられずに依存してしまう・「聞いて、聞いて」という気持ちが前に出すぎてしまう等と、声が大きい本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。

逆に、承認欲求を上手く昇華できれば、努力よりも結果の方を重要視出来る・他人に依存せず精神的に自立出来る・適度なプライドを保てる・自分の生き方や価値観を持てる・自分を過剰に褒め称えさせるような高圧的な行動を取らなくなる等、声が大きい人にとってメリットがあるのです。

自分を認めてもらいたい本人の改善方法及び対策としては、「承認欲求とは、すなわち煩悩なり」を口癖にする・原因である自己肯定感を高める・嫌われる勇気を持つ・多くの価値観に触れて視野を広げる・誰かの承認欲求を満たしてあげる等が、声が大きてウザくなる癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、褒め言葉のさしすせそを多様する・「確かにそういうのもあるね」と存在そのものに対する肯定をしておく・SNSの場合は「いいね」をとりあえず押しておく・アピールが強すぎる事を自覚させるとりあえず無視はしない・とりあえず肯定しておく・「あなたはもっと幸せになれる可能性を秘めた人だ」と言い聞かせてあげる等が、声が大きい人に対して効果的です。

デリカシーを考えていない

声が大きくてうるさい人の心理として、デリカシーを考えていない事が挙げられます。

デリカシーを考えていない人は、とても図太い神経をしている・触れてはいけない見た目に関する話をする・いて欲しくない時になぜかいる・有難迷惑が多い・自身の保身を最優先にする・親も声がでかくて下品であった・自分を客観視出来ない・「生理どう?」などと聞いてくる(男)・デリカシーがないことは自覚がない・差別的は発言が多い・デリカシーがない事に無自覚・決め付けや押し付けが多い・口が軽い等、声が大きい人ならではの特徴や原因があるのです。

さらにその裏には、自分の価値観が異性と共通だと思い込んでいる・相手のコンプレックスに気付けない・そもそも他人に興味がない・改めてようとする気持ちが湧かない・何を言っても許されると思ってる等、声が大きい人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、デリカシーを無視しているままでは、相手のコンプレックスを平気で刺激してしまう・ブラックユーモアが増える・人間性を疑われる・結婚してない人に「何で結婚出来ないの?」と聞いてしまう・「彼氏(彼女)何年いないの?」と聞いてしまう・「男を感じないから安心」と男性を見下す発言をしてしまう(女)・下ネタが豊富になる・「悪気ない行動ほど手に負えないものはないな」と悪口を言われる等と、声が大きい本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。

逆に、デリカシーを考える癖をつければ、記念日を忘れない・「相手がどう思うか?」と考えられる・聞き上手になれる・人の話してる最中に割り込まない配慮が出来る・相手によって臨機応変に行動を変えられる・相手に興味が持てる等、声が大きい人にとってメリットがあるのです。

デリカシーを考えていない本人の改善方法及び対策としては、相手の話も自分の話だと思って沈黙を大事にする・何でも即答しない・沈黙を大切にする・相手を意識する癖をつける・積極的にコミュニケーションを取って失敗から学ぶ・謙虚になる・相手を格上の人だと思って話す等が、声が大きてウザくなる癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、わざとらしいデリカシーのなさにはドン引きする・異性を軽視する人は調子に乗らせない・可能な限り接触は控える等が、声が大きい人に対して効果的です。

声が大きい男性特有の心理

声が大きくてうるさい男性の心理として、自分より格下の相手だと思ってる事が挙げられます。

自分より格下の相手だと思ってる人は、恥ずかしい気持ちがない・接客の仕事をしている・世界観が狭くなっている・基本的に相手との関係を重要視していない・ドタキャン、バックレ、遅刻が多い・フレンドリーに接しているつもり・危機感がない・人としてバカにしてる等、声が大きい人ならではの特徴や原因があるのです。

さらにその裏には、反論されることもなく後ろめたい気持ちなど一切ない・相手がオドオドしていて見下している・自分にとって重要度が低い相手である・相手をバカにしている・自分が優位に立ちたい・自尊心を守るため・相手がヘラヘラしていた等、声が大きい人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、自分より格下の相手だと思ってるままでは、いつかしっぺ返しをくらう・人から嫌われ敬遠される・どんどん敵を増やす・他人の良い点を認められない・周りの信用すら失う・心から信頼しあえる友達が出来ない・自分より下の人を見下してしまう・嫉妬心が取れない・差別主義者になる等と、声が大きい本人や身近な人にとってマイナスな結果にしかなりません。

逆に、ちゃんと相手を対等に見れれば、相手を思いやる心が生まれる・人の気持ちを先読み出来る・相手の気持ちを察する事が出来る・感謝の気持ちを忘れないでいられる・怒ることが少なく包容力が生まれる等、声が大きい人にとってメリットがあるのです。

自分より格下の相手だと思ってる本人の改善方法及び対策としては、自己愛ではなく自尊心を強く持つ・十人十色であることを知る・相手の苦手なところの見方を変える(リフレーミングを意識)・自分の世界が狭いことを知る・もう一歩、自分が大きくなってみる等が、声が大きてウザくなる癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、バカにされている事を分かっていると伝える・尊敬しているフリをして手駒としていつか利用する・無視をして一切相手にしない・心の乏しさを憐れんであげる・完全にスルーしてしまう等が、声が大きい人に対して効果的です。

声が大きい女性特有の心理

声が大きくてうるさい女性の心理として、どうしても伝えたい事がある心理が挙げられます。

どうしても伝えたい事がある人は、誠実な気持ちがあるが一方的に主張している・会話がヒートアップしている・自分の話す内容に自信がある・自分の話が相手に正確に伝わっているかどうか知りたい・真剣で大切な話だから・気配りや愛情の証がある・相手の反応や感情も読み取っている・相手の欠点がすぐ目に付いて気になる・こちらに振り向かせようとつい声のボリュームがアップする等、声が大きい人ならではの特徴や原因があるのです。

さらにその裏には、自分の欲求を通したい・お互いの気持ちが通じやすくしたい・嘘じゃない事を伝えたい・聞く側のモチベーションを上げたい・大切な話を伝えたい・相手の意見を肯定したい等、声が大きい人ならではの心理や理由があるのです。

そして、真剣な思いで伝えると、告白が成功して交際出来る・分かり合えなかった人とも分かり合える・嘘かどうかを見抜ける・聞いている相手は納得できる等、声が大きい人にとってのメリットがあるのです。

逆に、真剣な思いを伝え過ぎると、過剰な愛情表現で重くなる・相手にプレッシャーを与えてしまう・笑顔じゃないと怖がられる・警戒していると誤解される・緊張感を与えて追い詰めてしまう・逆ギレされてしまう・人のプライベートに関しても遠慮せずに詮索してしまう等と、声が大きい人本人や身近な人にとってマイナスな結果になる事もあります。

どうしても伝えたい事がある本人の改善方法及び対策としては、真剣に話している意味をちゃんと伝える・少しずつで良いので柔軟性のある考え方を取り入れる・相手の良い所と嫌いな所を目を逸らさずにちゃんと見る・どちらが上位や下位の優劣で人を判断しない等が、声が大きてウザくなる癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、「ちょっと違うなー」と思ってもまずは頷く・相手の態度が和らいでから、意見交換・相手を認めていることを伝える・自分から歩み寄ってみよったり手を差し伸べる等が、声が大きい人に対して効果的です。