眼鏡を触る癖がある人の心理!男性と女性の性格を徹底解説

眼鏡を触る癖がある人の心理や性格を解説します。

会話中にメガネを触る人の心理を見分けるには、見下されていないか、嘘をつかれていないか確認することが大切です。

身に着けているものを触る行為は、話している内容以上に雄弁に語ります。会話中にメガネをいじるということは会話の内容よりも数多くの心理状態を表しているのです。

特にメガネを掛け直す行為は、話している相手に対して特定の感情が現れている証拠なのです。

例えば、格下だと見下している・照れている・嘘をついている等が会話中にメガネを掛け直す人の心理に当てはまります。

このページでは、メガネを触る男性と女性の心理をすべて挙げていますので「この人、よくメガネを掛け直すな」と思ったら当てはまる心理や特徴がないかチェックしてみてください。

格下だと見下している

眼鏡を触る癖がある人の心理として、格下だと見下している心理が挙げられます。

相手を見下している人は、恥ずかしい気持ちがない・世界観が狭い・相手との関係を重要視していない・ドタキャン、バックレ、遅刻が多い・フレンドリーに接しているつもり・人としてバカにしてる等、眼鏡を触る人ならではの特徴や原因があるのです。

さらにその裏には、後ろめたい気持ちなど一切ない・オドオドした相手を見下している・自分にとって重要度が低い相手である・自分が優位に立ちたい・自尊心を守るため・相手がヘラヘラしていた等、眼鏡を触る人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、相手を見下しているままでは、人から嫌われ敬遠される・どんどん敵を増やす・他人の良い点を認められない・周りの信用すら失う・心から信頼し合える友達が出来ない・差別主義者になる等と、眼鏡を触る本人にとってマイナスな結果となります。

逆に、相手をちゃんと対等に見てあげれば、相手を思いやる心が生まれる・人の気持ちを先読み出来る・相手の気持ちを察する事が出来る・感謝の気持ちを忘れないでいられる・怒ることが少なく包容力が生まれる等、眼鏡を触る人にとってメリットがあるのです。

相手を見下している本人の改善方法及び対策としては、自己愛ではなく自尊心を強く持つ・十人十色であることを知る・相手の苦手な所を長所として捉える・自分の世界が狭いことを知る等が、眼鏡を触る人の今後の方針としてベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、バカにされている事を分かっていると伝える・尊敬するフリをして手駒としていつか利用する・無視をして一切相手にしない・心の乏しさを憐れんであげる・完全にスルーしてしまう等が、眼鏡を触る人に対して効果的です。

嘘をついてると疑っている

眼鏡を触る癖がある人の心理として、嘘をついてると疑っている事が挙げられます。

嘘をついてると疑っている人は、何に対しても否定的・人を信じる事を知らない・騙されたトラウマがある・神経質でプライドが高い・表情が乏しく笑顔を見せない・相手の話の内容に半信半疑等、眼鏡を触る人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、「この人の言っていることは信用できない」と感じている・騙されたくないという思いが強い・裏切られるのが怖い・テリトリーに土足で踏み込まれるのが嫌い・相手に心を許せない・傷つくのが怖い等、眼鏡を触る人ならではの心理があるのです。

ですが、疑い深い性格を改善しない事には、他人を寄せ付けないオーラを出し続ける・理屈では割りきれない恋愛や子育が苦手になる・ノリが悪いままになる・敵対視されていると誤解される・恋愛には特に臆病になる等と、眼鏡を触る本人にとってマイナスな結果となります。

逆に、疑い深い心を改善できれば、受けもいいので愛される・「何を頼んでもこなしてくれるから助かる」と言ってもらえる・話し手にとってはとても話しやすい人になる・会話を通して相手からの信頼を勝ち取れる等、眼鏡を触る人にとってメリットがあるのです。

本人の改善方法及び対策としては、その信頼できない根源が何かを探す・「興味があるからもっと聞かせてほしい」と言う・自分が相手に嘘をつかせてしまっていると考えてみる・許せる人になる等が、眼鏡を触る癖の改善にベストです。

あなたの最善な接し方としては、話の裏づけとなる証拠をたくさん提示する・約束は些細な事でも破らない・ジョークやユーモアで追って警戒心を解く・口角を上げるようにする・何気ない話でもとりあえずネタにする等が、眼鏡を触る人に対して効果的です。

眼鏡を触る癖がある男性特有の心理

眼鏡を触る癖がある男性の心理として、動揺している心理が挙げられます。

動揺している男性は、瞳が左右に激しく揺れ動く・ヤマシイことをしている・鋭い指摘を受けた・騙そうとしてる時に危うくバレそうになった・不倫や浮気をしている・気になる女性と話している等、眼鏡を触る男性ならではの特徴や原因があるのです。

さらにその裏には、動揺を隠したい・根本的なところでは劣等感が強い・今が良ければそれで良い・嘘に嘘を重ね過ぎて何が本当か分からなくなっている・現実から目を背けたい・話をでっちあげたい等、眼鏡を触る男性ならではの心理や理由があるのです。

ですが、ヤマシイ事を抱えているままでは、冷静に答えを求めても的確な回答は返ってこない・子供が真似する・取り返しのつかないレベルで信頼を失う・相手も自分も、両方が辛い思いをする等と、眼鏡を触る男性にとってマイナスな結果にとなります。

逆に、誠実に生きる事が出来れば、人によって態度を変えない・公平さを大切に出来る・自分サイドの不備があった時に謝れる・法律に無い規則を守れる・本能に従わず自制心を持てる・弱い立場の人に優しくできる等、眼鏡を触る男性にとってメリットがあるのです。

動揺している本人の改善方法及び対策としては、嘘がバレるリスクを考える・周囲の人間は嘘を見抜いていることに気付く・嘘による自己評価の上昇は無いことを知る・友人にヤマシイ事を打ち明ける等が、眼鏡を触る癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、相手を質問責めにしないで様子を見る・嘘をつく人だと認識する・どうして嘘をつくのか背景を理解する・自分は嘘をつく癖があるんだと自覚させる等が、眼鏡を触る男性に対して効果的です。

眼鏡を触る癖がある女性特有の心理

眼鏡を触る癖がある人の心理として、目が疲れてしまった事が挙げられます。

目が疲れている女性は、不規則な生活が続いている・パソコンやスマホを使うことが多い・職場や環境に適応出来ていない・マニュアルに反れた事は絶対にしない・課題や決め事は出来るまでやる・結果を出さないと気がすまない等、眼鏡を触る人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、周りのレベルが高すぎて疲れている・自分との考え方が真逆で合わなくてイライラ・「何が何でもやり遂げなければ」と思い込んでる・休憩は怠惰な行為と思っている等、眼鏡を触る女性ならではの心理があるのです。

目が疲れている本人の改善方法及び対策としては、そこそこの手抜き感の方が逆にうまくいくと知る・多少ルールから外れるぐらいがユーモアがあって良いと知る・毎朝気持ちよく日光を浴びる等が、眼鏡を触る癖の改善にベストです。

あなたの最善な接し方としては、「頑張れ」とは絶対に言わない・「今は頑張らなくていいんだよ」と言ってあげる・「無理しないで」と言ってあげる・「どんなに病んでいても、あなたはあなただから」といってあげる等が、眼鏡を触る女性に対してベストです。