股間を触る癖がある人の心理!股を掻く大人と子供を徹底解説

股間を触る癖がある人の心理や性格を解説します。

股間を触る人の心理を見分けるには、デリカシーがないのか、下心があるのかを知ることが大切です。

あなたの周りに股間を触る人はいるでしょうか?

股間を触る行為は、周囲の人に不快な思いをさせてしまう原因にもなります。

社会人として働くサラリーマンなら尚更ですね。

そして、股間を触る癖があるということは、数多くの心理状態を表しているのです。

例えば、デリカシーがない性格・ナルシストな気分になっている・ワイルドな男を気取っている等が、股間を触る人の心理に当てはまります。

このページでは、股間を触る癖がある男性と女性の心理をすべて挙げていますので「この人、なんで股間を触るのかな?」と思ったら、当てはまる心理や特徴がないかチェックしてみてください。

股間を触る癖がある男性特有の心理

ワイルドな男を気取っている

股間を触る癖がある男性の心理として、ワイルドな男を気取っている事が挙げられます。

ワイルドな人は、荒々しく力強い・「がん付けやがって」が口癖・「中学生からバイク乗り回してた」が口癖・「オレが一声かければ後輩200人集まる」が口癖・喫煙率が高い・「地元どこ?」が口癖等、股間を触る人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、子供の頃の不良話に花を咲かせたい・みんなに「悪」でカッコイイと思われたい・強い男をアピールしたい・波乱万丈な人生だとアピールしたい等、股をかく人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、ワイルドアピールし過ぎてしまうと、必要な時に敬語が使えずタメ口になってしまう・パチンコなど賭け事にハマってしまう・肩がぶつかると「おい」と怒鳴ってしまう等と、股間を握る本人にとってマイナスとなります。

逆に、ワイルドな癖を緩和出来れば、自分自身の弱さを理解できる・ちょっとしたことでイライラしなくなる・相手を温かく包みこむ包容力がつく・冷静で広い視野を持てる等、股間を触る人にとってメリットがあるのです。

本人の改善方法及び対策としては、ムカつく事があったら「いい勉強になった」と思う・悪口を言われたら「知ったこっちゃない」と呟く・思い通りにいかない時は「まあ、いっか」と言う等が、股間を触る癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、できるだけ波風立てずにトラブルを回避する・デリカシーがなくても注意しすぎない・無邪気でいつもポジティブになって怒りにくくさせる等が、股間を触る人に対して効果的です。

ナルシストな気分になっている

股間を触る癖がある男性の心理として、ナルシストな気分になっている事が挙げられます。

ナルシストになっているメンズは、傲慢な態度を取りやすい・容姿やスタイルに自信がある・指パッチンでファミレス店員を呼ぶ・鏡を見る回数が多い・自分を過剰評価している等、股間を触る人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、優越感を抱いている・レディーに上から目線で接するのがカッコいいと思っている・自分に対する陶酔感でいっぱいになっている・客観的な判断をする必要さえ感じない等、股をかく人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、過剰なナルシストのままでは、彼女が一緒にいて恥ずかしくなる・洋服にお金をかけすぎてしまう・優しくすれば落とせると勘違いしがちになる・嫌っていると勘違いされる等と、股間を握る本人にとってマイナスとなります。

逆に、過剰にカッコつける癖を改善出来れば、本当の脈ありを見抜ける・自分の現実を知りモテるために努力出来る・万事に計画的になれる・論よりも事実と結果を重視出来る等、股間を触る人にとってメリットがあるのです。

ナルシストになっている本人の改善方法及び対策としては、情報のチェックを頻繁に行う・名誉やプライドよりも実利をとる・現実を受け入れてモテる努力する等が、股間を触る癖の改善にベストです。

彼女さんの最善な接し方としては、「本当はすごく優しいって私は気付いてるよ」とからかう・「本当の自分を出して欲しい」と上目遣いで言う・「かっこつけなくても、私は好きだよ」と言ってあげる等が、股間を触る人に対して効果的です。

寂しがっている

股間を触る癖がある大人の心理として、寂しがっている事が挙げられます。

寂しがっている人は、一人でいると挙動不審になる・集団での会話に入れず苦痛・休みの日にも家で1人でパソコンやテレビの前で過ごしている・思わせぶりなSNSを投稿をする等、股間を触る人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、「誰も自分を理解してくれない」という寂しさが募り過ぎてる・心を閉ざしつつも話かけて欲しい・人の温もりが欲しくて堪らない・相手からの判断が自分の価値になると思っている等、股をかく人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、寂しがっているままでは、「察してちゃん」等と陰口をたたかれる・自虐ネタで相手をドン引きさせてしまう・ウザいと思われる・わざと嘘をついてしまう・誰も聞いていないのに自分の話をしてしまう等と、股間を握る本人にとってマイナスとなります。

逆に、寂しい気持ちを克服出来れば、自分の意思を貫き通せる・「一人でも平気」という強さを持てる・恋愛相手に依存しなくなる・一人の時は自分の時間として満喫できる・沈黙に耐えられる等、股間を触る人にとってメリットがあるのです。

寂しがっている本人の改善方法及び対策としては、とにかく誰かと話す場に出かける・外に出て誰かと話す機会を多くつくる・寂しいのなら趣味を増やす・友達を大勢作る等が、股間を触る癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、「心を許してくれてるんだな」とポジティブに解釈する・一人で過ごす体験を一度でも味あわせる・愛情表現は分かりやすくして駆け引きはやめる等が、股間を触る人に対して効果的です。

デリカシーを忘れている

股間を触る癖がある大人の心理として、デリカシーを忘れている事が挙げられます。

デリカシーを忘れている人は、「センスないね」が口癖・有難迷惑が多い・自分を客観視出来ない・デリカシーがないことは自覚がない・差別的は発言が多い・決め付けや押し付けが多い等、股間を触る人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、自分の価値観が異性と共通だと思い込んでいる・相手のコンプレックスに気付けない・そもそも他人に興味がない・改めてようとする気持ちが湧かない・何を言っても許されると思ってる等、股をかく人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、デリカシーを忘れているままでは、相手のコンプレックスを平気で刺激してしまう・ブラックユーモアが増える・人間性を疑われる・「何で結婚出来ないの?」と聞いてしまう・女性を軽視した発言が増える等と、股間を握る本人にとってマイナスとなります。

逆に、デリカシーのなさを克服出来れば、記念日を忘れない・聞き上手になれる・人の話してる最中に割り込まない配慮が出来る・相手によって臨機応変に行動を変えられる・相手に興味が持てる等、股間を触る人にとってメリットがあるのです。

本人の改善方法及び対策としては、相手を意識する癖をつける・積極的にコミュニケーションを取って失敗から学ぶ・謙虚になる・相手を格上の人だと思って話す等が、股間を触る癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、わざとらしいデリカシーのなさにはドン引きする・異性を軽視する人は調子に乗らせない・可能な限り接触は控える等が、股間を触る人に対して効果的です。

股間を触る癖がある女性特有の心理

股間を触る癖がある女性の心理として、かまってちゃんになっている事が挙げられます。

かまってちゃんになっている人は、中身のないLINEが多い・他人の人間関係に口出してくる・マイナス発言が多い・独り言の音量が大きい・人を試すような行為をしてくる・人からの愛情を受け取った経験が乏しい等、股間を触る人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、繊細な気持ちになっている・愛情に飢えている・自分の心を少しずつ満たしたい・長文で送信して見返りを求めたい・「LINEを長文で送信すれば愛情をもらえる」と考えている等、股をかく人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、かまってほしい気持ちのままでは、スマホ依存症になってしまう・マザコンになってしまう・メンヘラになってしまう・ぶりっ子や甘えん坊になってしまう・自己主張が強過ぎてしまう等と、股間を握る本人にとってマイナスとなります。

逆に、かまってちゃんな性格を克服出来れば、人に流されない・自分で自分を満たせる・自己責任の意識がある・問題解決能力がつく・感情をうまく制御できる等、股間を触る人にとってメリットがあるのです。

本人の改善方法及び対策としては、100%を目指さない・人からの愛情を受け取る経験をする・他人の幸せを願う・人に対して親身になる等が、股間を触る癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、ボディータッチをしてあげる・オデコにキスをする・子供やペット相手のように接する・束縛が負担になったらはっきり言う・愛情をはっきり伝える・感情的に相手の意見を否定しない等が、股間を触る人に対して効果的です。

股間を触る癖がある子供特有の心理

股間を触る癖がある子供の心理として、親からの愛情不足が挙げられます。

親からの愛情不足の子供は、非行に走ってしまう・不登校になってしまう・あてもなくブラブラしている・爪やストロー等を噛む癖が多い・癇癪を起こしたり暴力的になる・友達が出来にくい等、股間を触る人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、かまって欲しい・自分を認めて欲しいがために相手が嫌がる事をする・自分の言いたい事を伝えられない素直に・無駄にプライドが高い・自分の弱さと向き合う事が出来ない等、股をかく人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、親からの愛情が不足なままでは、友達に依存しやすくなる・犯罪を犯してしまう・人の愛し方が分からなくなる・自分の価値を低くみてしまう・親が困るようなことをする等と、股間を握る本人にとってマイナスとなります。

逆に、親からの愛情を得られれば、無意味な妄想で不安になったりしない・友達に依存や束縛しなくなる・自分の進みたい道に真っ直ぐ進める・物事の良し悪しがわかる・友達が多くなる等、股間を触る人にとってメリットがあるのです。

本人の改善方法及び対策としては、愛されるばかりではなく自分も人を愛してみる・過去の自分にサヨナラをする・楽しみや喜びを感じれることを探す等が、股間を触る癖の改善にベストです。

両親の最善な接し方としては、無条件の愛情をたっぷり与える・過保護には注意する・ただ単に抱きしめてあげる・仮病でも信用してあげる・子供とケンカ後は自分から話しかけてあげる等が、股間を触る人に対して効果的です。