指を噛む癖がある大人の心理!男性と女性の性格を徹底解説

指を噛む癖がある大人の心理や性格を解説します。

指を噛む癖がある大人の心理を見分けるには、相手の表情を見て、ストレスが溜まっているのか、話しかけて欲しいのかを知ることが大切です。

体を噛む仕草は言葉以上によく語る、という人間の心理があります。

また、人前で指を噛むということは、他人に不快感を与えます。

まだ小学校低学年なら可愛らしいで済みますが、大人が指を噛むなんて論外ですし、ビジネスマンであれば尚更ですね。

つまり、見る人によってはそれを「汚くて気持ち悪いからやめて」と言われてしまいます。

そして、指を噛むということは、自分もしくは相手に対して特定の感情が現れている証拠なのです。

例えば、何かを我慢している・愛情が足りていない・ストレスが溜まっている等が、指を噛む人の心理に当てはまります。

このページでは、そんな指を噛む癖がある大人の心理をすべて挙げてますので「この人、よく指を噛むな」と思ったら、当てはまる心理や特徴がないかチェックしてみてください。

愛情が足りていない

指を噛む癖がある大人の心理として、愛情が足りていない事が挙げられます。

愛情が足りていない人は、つい割り箸やを何本も噛む・ストレスで氷を噛んでしまう・自分が気に入った相手に依存しやすい・人からの愛情を受け取った経験が乏しい・子供の頃にお母さんから母乳をもらえなかった等、指を噛む人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、現在愛情に恵まれていないと感じている・寂しくなっている・「優しさや愛情には必ず条件が付きまとう」と思い込んでいる・「見返りなく愛情を与えてくれる人はいない」と考えている等、指を噛む人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、愛情を満たさない事には、最初は良くしてくれた人も愛想をつかして離れてしまう・人を試すような行為に嫌気が差される・相手に対する強い執着心が生まれてしまう・暇さえあれば相手を追いかけまわす等と、指を噛む本人にとってマイナスとなります。

逆に、愛情を満たせれば、包容力に溢れる・相手の立場で物事を考えられる・他人の幸せを願える・その場の空気を読むのも上手くなる・真っすぐで素直な性格になれる・献身的になれる・見返りを求めなくなる等、指を噛む人にとってメリットがあるのです。

本人の対策としては、友人に自分が指を噛んでいたら注意して欲しいと言っておく・恋人を作るために努力する・人からの愛情を受け取る経験をする・他人の幸せを願う・人に対して親身になる等が、指を噛む癖の改善にベストです。

あなたの最善な接し方としては、そっとその気持ちを理解してあげる・ちゃんと「好き」を言葉にする・笑顔で挨拶をする・手料理を作ってあげる・ボディータッチしてあげる・オデコにキスをする等が、指を噛む人に対して効果的です。

話しかけて欲しい

指を噛む癖がある大人の心理として、話しかけて欲しい事が挙げられます。

話しかけて欲しい人は、中身のないLINEが多い・依存心が強く相手の行動を束縛したがる・人間関係に口出してくる・マイナス発言が多い・過去の栄光や武勇伝を語りたがる・独り言の音量が大きい・奇抜な発言をする等、指を噛む人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、指を噛むのを注意して欲しい・人の同情を得たい・自分の存在を証明したい・何でもかんでも思い通りにしたい・繊細な気持ちになっている・打たれ弱くなっている等、指を噛む人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、話しかけて欲しからと何もしないままでは、「イタイ人」と思われてしまう・マザコンになってしまう・メンヘラになってしまう・ぶりっ子や甘えん坊になってしまう・自己主張が強過ぎてしまう等と、指を噛む本人にとってマイナスとなります。

逆に、ちゃんと自分から話かけられれば、趣味が多くて話題豊富になる・上司に好かれ周りからも信頼を得やすい・誰にでも平等に接せられる・イジメに合いにくい・自分で自分を満たせる・感情をうまく制御できる等、指を噛む人にとってメリットがあるのです。

本人の対策としては、まず自分のことを認めてあげる・人ではなく、自分の内面に目を向ける・SMAPの「世界に1つだけの花」の歌詞をじっくり聞く・相手に興味を持つ・相手が喜ぶような言動をする等が、指を噛む癖の改善にベストです。

あなたの最善な接し方としては、子供やペット相手のように接する・束縛が負担になったらはっきり言う・愛情をはっきり伝える・マメに連絡をして安心させる・ちゃんと褒めて自信を付けさせる・感情的に相手の意見を否定しない等が、指を噛む人に対して効果的です。

SOSを発している

指を噛む癖がある大人の心理として、話しかけて欲しい事が挙げられます。

SOSを発している人は、他人の幸せを批判する・必要な愛情が足りていない・幼少期に十分な愛情を受けていない・痛みを感じるくらいに皮をむく・痛みを伴う行為が癖となってる・多額の借金の返済に追われている等、指を噛む人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、希望を見失い「消えたい」と思っている・心の激しい感情を和らげたい・自分の存在を否定したい・自分の体を傷つけることで安心する・周りから心配されたい等、指を噛む人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、SOSを発してるだけでは、病んでしまった自分に酔いしれてしまう・常に人と自分を比較し続けてしまう・行動する前にネガティブ思考に陥る・他人の言葉や感情に敏感過ぎてしまう・死んだ魚の目をしてしまう等と、指を噛む本人にとってマイナスとなります。

逆に、誰かに悩みや苦しみを打ち明けられれば、小さな楽しみや幸せを見つけるのがうまくなる・ポジティブな人が周りに集まってくる・日常の些細な事で幸せを感じる・興味のあることに挑戦し続けられる等、指を噛む人にとってメリットがあるのです。

本人の改善方法及び対策としては、短所を長所に転換して考える・ポジティブな口癖により自分を認めてあげる・後悔を悲観する癖をなくす・目標設定は達成可能なものにする等が、指を噛む癖の改善にベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方としては、優しく話しかけてあげる・「甘えるな」と叱咤せず落ち着いて慰めてあげる・「つらかったんだね」とご本人の気持ちに寄り添う・「何があったの?」「どうしたの?」と聞いてあげる等が、指を噛む人に対して効果的です。

我慢している

指を噛む癖がある大人の心理として、我慢している事が挙げられます。

何かを我慢している人は、ポーカーフェイス・マイナスの感情を人に見せない・感情をコントロールできる・周りに不満がある・自己主張が苦手・大人しくて控えめ・怒りたくても怒れない等、指を噛む人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、遠慮して本音が言えない・嫌われたくない・憎しみの感情を悟られたくない・弱みを見せたくない・負けず嫌いな気持ちになっている・自分さえ我慢すれば精神・人に頼るのが苦手等、指を噛む人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、我慢し過ぎるままだと、人の都合の良いように利用されやすい・優し過ぎて嫌われることもある・我慢し過ぎて時にストレスが爆発する・立場が弱い者を攻撃する・優柔不断過ぎてイライラされる等と、指を噛む本人にとってマイナスとなります。

逆に我慢し過ぎなければ、自分を好きになれる・行動力がつき沢山の恩恵が得られる・ちょっとしたことで楽しめる・探究心が溢れ出てくる・スマイルが増える・本当の友達が出来る等、指を噛む人にとってメリットがあるのです。

本人の対策としては、相手の気持ちを深読みし過ぎない・「少しくらい嫌われたって大丈夫」と脳を解放・自分も誰かを嫌っているということを知る・嫌われても良いと割り切る等が、指を噛む癖の改善にベストです。

友人や恋人の最善な接し方としては、まずは誤解を解くために話掛けてみる・地雷を知っておく・褒めちぎる・仕事上のパートナーにはならないようになる・結婚は慎重に考える・いつも無理させているのだと察する等が、指を噛む人に対して効果的です。

嫉妬している

指を噛む癖がある大人の心理として、嫉妬している事が挙げられます。

嫉妬している人は、自分のことは棚にあげる・自己肯定感が低い・恋人ルールをつくりたがる・独占欲が強い・連絡魔である・同性の友達が少ない・自分のことは棚にあげる・束縛が激しい・気分の浮き沈みが激しい等、指を噛む人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、恋人のスケジュールを常に把握したい・恋人の自慢話を聞くと黙っていられない・「浮気してる」という被害妄想を繰り広げている・実は無意識に浮気願望を持っている等、指を噛む人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、嫉妬深い性格をコントロールしない事には、恋人からすれば面倒くさい・感情的になりやすい・他者との比較に軸足を置く癖がつく・愚痴や不満が多くなる・いちいち揚げ足を取ってしまう等と、指を噛む本人にとってマイナスとなります。

逆に、嫉妬深い性格を克服出来れば、ネガティブ発言がなくなる・人から自己成長に繋がる情報を得やすくなる・人からの協力を得られやすくなる・チャンスをもらいやすくなる・見返りを必要以上に求めなくなる等、指を噛む人にとってメリットがあるのです。

本人の改善方法としては、競争に勝つかどうかより自分のやりたい事を実現させる・勝負する相手は他人ではなく「過去の自分」にする・嫉妬深い自分を認める・誰かを幸せにしてみる・嫉妬をバネに努力を重ねる等が、指を噛む癖の改善にベストです。

あなたの最善な接し方としては、未来の話をしてあげる・限界を感じているなら素直に別れを切り出す・本気で向き合う・駆け引きをしない・潔白であることをアピールする等が、指を噛む人に対して効果的です。

悔しがっている

指を噛む癖がある大人の心理として、悔しがっている心理が挙げられます。

悔しがっている人は、負けたときの言い訳がお見事・勝負事が好き・ちょっとした言葉や行動にも「非難された」と逆上する・チームプレーを乱す・負けず嫌いの度が過ぎる等、指を噛む人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、人を蹴落として競争に勝ち抜きたい・人の自慢話を聞くと黙っていられない・「ライバルに負けたくない」という思いが強い・間違いを指摘される事が大嫌い等、指を噛む人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、悔しがっているままでは、友達からすれば「面倒くさいな」と思われる・自分の「劣っている点」が次々と気になってしまう・いちいち揚げ足を取ってしまう・不幸顔になる等と、指を噛む本人にとってマイナスとなります。

逆に、悔しがりやすい性格を自分磨きに昇華出来れば、成長に繋がる情報を得やすくなる・人からの協力を得られやすくなる・チャンスをもらいやすくなる・人の意見を素直に聞ける等、指を噛む人にとってメリットがあるのです。

本人の対策としては、勝ち負けより自分のやりたい事を実現する・勝負する相手は他人ではなく「過去の自分」にする・嫉妬深い自分を認める・相手を幸せにする方法を考える・嫉妬をバネに努力を重ねる等が、指を噛む癖の改善にベストです。

同僚や部下の最善な接し方としては、風下から姿勢を低くしてアプローチする・その人の前で上司や友達の愚痴や悪口をこぼさない・適度な距離をとる・リア充自慢をしない等が、指を噛む人に対して効果的です。