Twitterで突然ブロックする人の心理!男性と女性の気持ちを徹底解説

Twitterで突然ブロックする人の心理や性格を解説します。

Twitterで突然ブロックする人の心理を見分けるには、情緒不安的になっているのか、嫌悪感を感じてしまったのかを知ることが大切です。

そもそもTwitterのブロックとは、相手のタイムライン上に自分のツイートが表示されないだけでなく、ブロックした相手から一切自分のTwitterアカウントを見られなくする機能です。

ブロックする方法はすごく簡単ですし、嫌な相手を一刀両断して関係を断ち切る機能としてとても便利です。

ですが、普段会う事がない人なら良いのですが、会社の同僚や学校の同級生をブロックしてしまうと気まずい思いをしてしまいますね。

Twitterでブロックする行為は、その人の精神状態を雄弁に語っており、その人の性格・生き方・深層心理を表しているのです。

そして、Twitterでブロックするということは、自分もしくは相手に対して特定の感情が現れている証拠なのです。

例えば、被害妄想が激しくなってる・疑心暗鬼になっている・警戒心が強くなっている等が、Twitterで鍵をかける人の心理に当てはまります。

このページでは、Twitterで突然ブロックする男性と女性の心理をすべて挙げていますので「この人、なんでTwitterでブロックするのかな?」と思ったら、当てはまる心理や性格がないかチェックしてみてください。

情緒不安的になっている

Twitterで突然ブロックする人の心理として、情緒不安的になっている事が挙げられます。

情緒不安的になっている人は、感情の起伏が激しい・感受性が豊か・慢性的な精神疲労を感じている・パニックになりやすい・自己中心的な言動をしやすい・根気がなく何事も長続きしない等、Twitterでブロックする人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、制御不能な感情に苦しんでいる・精神的に疲れている・不安で頭がいっぱい・認知の歪みが起きている・ダメ出しされないかいつも恐れている等、Twitterでブロックする人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、情緒不安的なままでは、パニックになりやすくなる・すぐに泣き出してしまう・すぐに怒ってしまう・没頭できる趣味がないため考えすぎてしまう・怒るポイント多くなり接し難くなる等と、Twitterでブロックする本人にとってマイナスとなります。

逆に、情緒不安的な性格を克服出来れば、一人の時間を大切にできる・自分に自信がつき堂々とした態度がとれる・常にポジティブになれる・何ごとも視野を広くなる等、Twitterでブロックする人にとってメリットがあるのです。

本人の対策としては、自己否定のイメージを取り除く・不安なことを紙に書く・没頭できる趣味を見つける・バランスの良い食事と適度な運動で健康的に過ごす等が、Twitterでブロックする人の今後の方針としてベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方は、否定的な言葉を使わない・話をしっかりと聞いてあげる・「頑張ってね」とは言わない・共依存にならないように気をつける・感情的な態度に敏感に反応しない等が、Twitterでブロックする人に対して効果的です。

嫌悪感を感じてしまった

Twitterで突然ブロックする人の心理として、嫌悪感を感じてしまった事が挙げられます。

嫌悪感を感じている人は、神経質な性格・真面目で完璧主義・冗談が通じにくい・悩み事が尽きない・心配性である・鬱病になりやすい・マイナス思考・警戒心が強い等、Twitterでブロックする人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、理不尽に怒られた・コンプレックスを指摘された・偽善者気取りされた・マナーがなっていない態度が嫌い・上から目線でものを言われた・セクハラ発言された等、Twitterでブロックする人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、嫌悪感を感じやすい性格のままでは、被害妄想が激しくなる・毎回悲劇のヒロインを気取ってしまう・他人の視点で物事を考えられなくなる・何でも感情的に捉えてしまう・キャパが狭くなる等と、Twitterでブロックする本人にとってマイナスとなります。

逆に、嫌悪感を克服出来れば、根拠のない自信が持てる・行動力が高くなる・結果がでにくくても諦めなくなる・ポジティブな考えを現実化できる・ピンチに強くなる・人を素直に頼れる等、Twitterでブロックする人にとってメリットがあるのです。

本人の対策としては、スルースキルを身に付ける・卑屈な考えをやめる・人と関わってコミュ力を鍛える・カウンセリングを受ける・「失敗+改善=成功」という考え方を持つ等が、Twitterでブロックする人の今後の方針としてベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方は、丁寧に説明する・要点だけ手短に伝える・敵ではないことを理解させる・責めないで笑い飛ばす・信頼しているというスタンスで向き合う等が、Twitterでブロックする人に対して効果的です。

被害妄想が激しくなってる

Twitterで突然ブロックする人の心理として、被害妄想が激しくなってる事が挙げられます。

被害妄想が激しくなってる人は、過去のトラウマがある・対人経験が少ない・自分が不誠実を働いてしまう・過去に人に裏切られてしまった・友人や恋人との信頼関係を築いてこなかった等、Twitterでブロックする人ならではの特徴があるのです。

さらにその裏には、「どうせ私のことは嫌だ」「陰でこそこそ笑っている」と思ってる・人間不信になっている・幼少の頃の傷は大人になっても引きずっている・自己嫌悪が強くなっている等、Twitterでブロックする人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、被害妄想を直さない事には、何事も過剰に反応してしまう・いつまでも失敗を引きずってしまう・何事にも消極的になってしまう・成功しても素直に喜べない・称賛をまっすぐに受け取れない等と、Twitterでブロックする本人にとってマイナスとなります。

逆に、被害妄想を克服出来れば、基本的に自分を肯定する事から始められる・小さな事にクヨクヨしなくなる・無駄に失敗を恐れなくなる・好奇心旺盛になれる・悪い事を反面教師の学びの題材にできる等、Twitterでブロックする人にとってメリットがあるのです。

本人の対策としては、物事をしっかり道筋立てて考える・コミュニケーションやスキンシップを大切にする・非難を受け入れて成長する・自身を疑心暗鬼が強い性格だと自覚する等が、Twitterでブロックする人の今後の方針としてベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方は、騒がれても深く立ち入らない・親身に解決方法を探る・言われのない事を言ってきたら堂々と否定をする・意を持っていることを言葉や態度で示す・必要以上に深く関わらない等が、Twitterでブロックする人に対して効果的です。

疑心暗鬼になっている

Twitterで突然ブロックする人の心理として、疑心暗鬼になっている事が挙げられます。

疑心暗鬼になっている人は、何でも疑ってかかる・何でもないことが怖くなる・人を信用できない・裏があると勘ぐる・悪口を言われてるような気がする・自分が笑われていると感じる等、Twitterでブロックする人の特徴があるのです。

さらにその裏には、余裕がなくイライラしている・心の中に葛藤がある・最悪の結果ばかり考えている・自己否定感に襲われている・親や周りに甘えられない環境で育った等、Twitterでブロックする人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、疑心暗鬼になっているままだと、どうせ裏切られると思ってしまう・何でも悪い方に想像してしまう・常に不安を感じてしまう・孤独感が離れない・嫌味っぽい言い方になってしまう等と、Twitterでブロックする本人にとってマイナスとなります。

逆に、疑心暗鬼を克服出来れば、自分自身のファンになれる・心の幸福と安定感が増す・怒られても無駄にへこまなくなる・逆境も楽しめる・笑顔が増えて人にも好かれやすくなる等、Twitterでブロックする人にとってメリットがあるのです。

本人の対策としては、自分のゆずれないものは何か考える・ゆっくりと休息や睡眠を取る・前向きな人と接する・「何度でもやり直しがきく」を口癖にする・強引にでもポジティブに考える等が、Twitterでブロックする人の今後の方針としてベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方は、譲歩案を設定する・最終手段として縁を切る・「こちらもそのような態度を取られるのは辛い」とハッキリ伝える・「私はあなたの味方だ」という態度を示す等が、Twitterでブロックする人に対して効果的です。

Twitterで突然ブロックする男性特有の心理

Twitterで突然ブロックする男性の心理として、警戒心が強くなっている事が挙げられます。

警戒心が強くなっている人は、初対面の相手に対する恐怖心がある・仲良くなれるまでに時間がかかる・自分から連絡をしたり遊びに誘う事が少ない・新しい出会い・新しい場所を積極的に開拓しようとしない等、Twitterでブロックする人の特徴があるのです。

さらにその裏には、新しいチャレンジが怖い・何事にも不信感を持っている・相手の言葉の裏を常に探っている・常に口先だけじゃないかと疑っている・自分のプライベートを話さないと決めている等、Twitterでブロックする人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、警戒心が強くなっているままでは、他人を寄せ付けないオーラが漂う・異性を遠ざけたり恋愛に臆病になってしまう・内向的でマイナス思考になる・憎しみを全て己の身で抱え込んでしまう等と、Twitterでブロックする本人にとってマイナスとなります。

逆に、強すぎる警戒心を克服出来れば、心理的な余裕が生まれる・軽快で明るい空気は周りに与えられる・物事への執着心がなくなる・人懐っこいイメージがつく・無邪気な態度が相手の警戒心を緩める等、Twitterでブロックする人にとってメリットがあるのです。

本人の対策としては、「ある程度は信じよう」と考えてみる・「ここまでなら騙されても良い」という考えを持つ・人を信じられないという気持ちを捨てる・信じられるに値する人物を見つける等が、Twitterでブロックする人の今後の方針としてベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方は、まずは相手が安心する距離感を知る・会う回数を増やして歩み寄っていく・心に土足で踏み込むことは絶対に避ける・相手のプライベートを深く追求しない等が、Twitterでブロックする人に対して効果的です。

Twitterで突然ブロックする女性特有の心理

Twitterで突然ブロックする女性の心理として、人を信じられなくなっている事が挙げられます。

人を信じられなくなっている人は、外へは出かけずに家で過ごすことが多い・表情が乏しい・人以外のものを信じる・自己否定が強い・劣等感が強く人を妬む・家族に見捨てられた・愛した人に裏切られた等、Twitterでブロックする人の特徴があるのです。

さらにその裏には、自分を悲劇の主人公だと感じている・繊細な心を持っている・自分は劣っている存在だと思ってる・人の言葉や行動を深く読み取ろうとしている・人生を悲観している等、Twitterでブロックする人ならではの心理や理由があるのです。

ですが、人を信じられないままでは、人の言葉に懐疑的になる・過度な期待をしてすぐに結果を求めたがってしまう・誰かが怒っていたりすると感情がシンクロして自分まで揺さぶられてしまう等と、Twitterでブロックする本人にとってマイナスとなります。

逆に、人を信じる強さを身に着けられれば、人付き合いに自信を持てる・どんな状況でもポジティブに転機させられる・他人も自分も幸せになれる・他人との距離の縮め方が上手になる等、Twitterでブロックする人にとってメリットがあるのです。

本人の対策としては、人を完全に信じず50%信じてみる・人生の生きがいを見つける・裏切られても自分の価値は変わらないと自覚する・褒め言葉は素直に受け止める等が、Twitterでブロックする人の今後の方針としてベストです。

友人や恋人さんの最善な接し方は、自身の体験談を話してあげる・共感を重視して相手の心を解きほぐす・「傾聴」は相手の心を救う基本中の基本だと心得る・短気は損気と理解し長期戦を覚悟する等が、Twitterでブロックする人に対して効果的です。